最近読んだ本まとめ

最近、Kindle Unlimitedに契約してからたくさん本を読むようになりました。その中でおもしろかったものだけ、忘れないように記録しておきます。

 

オール・ユー・ニード・イズ・吉良

タイトルが完全に出落ちかと思いきや、思いの外おもしろかったです。日本人が大好きな「忠臣蔵」の悪役・吉良上野介義央が映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のように何度も死ぬ度に同じ朝に目を覚まし、生き延びる策を模索する話。

元々は「小説家になろう」に投稿されていた小説で、著者はそれを加筆してKindle自費出版したようです。なので、表紙がアレなのはご愛嬌。

この小説の中で吉良は合計数百回の同じ日を繰り返すことになるんですが、こういう同じ日を繰り返すもの(このジャンルなんて呼べばいいんだろう)のツボをきちんと抑えています。それは、「読者の予想のちょうど良いタイミングで先を行くこと」。この物語でも、「暗殺されるならその前に逃げればいいだろ」とか「吉良邸に人いるんだからちゃんと戦えばいいだろ」とか、読者が思いつくことをちゃんと先回りして、吉良は確かめてくれます(そして死にます)。

誰もが知っている歴史上の悪役が主人公というのも良いですね。当たり前ですが、彼にもいろいろあったようです。

 

プロパガンダゲーム

プロパガンダ・ゲーム(16年版)

プロパガンダ・ゲーム(16年版)

 

いつか映画化されそうだな、と思う小説でした。

大手広告代理店・電央堂の最終選考では、男女8人で「政府側」と「レジスタンス側」の2チームに分かれて、仮想空間(SNS)上で戦争の賛否に関してプロパガンダを行います。二時間の中で、それぞれのチームはポイントを使って情報を入手し、それを元に自チームが有利になるようにSNS上の民衆を扇動していきます。

ゲーム上の仮想国家は「パレット」なんですが、あからさまに日本なんですね。そして、戦争をしかける対象の隣国「イーゼル」は明らかに北朝鮮戦争賛成か反対かなんて今の日本で展開しても反対の主張が通るに決まっているだろ、と思いきや、「プロパガンダってこうやるのか!」となるほどと思うような展開でした。

読んでから二週間ぐらい経ちますが、印象に残っているのは以下の2点。

  • 戦争を行おうとプロパガンダをするときに、「平和」を訴求するのは常套句。世界中の戦争は、自国は「平和を取り戻すため〜」とか主張して行われる。
  • 「平和」より「戦争」のほうが具体的な状況がイメージしやすい。

表現次第で、正しいも正しくないも分からなくなるものなんだなぁと改めて思いました。オチもきれいにまとまっていました。

 

天空城殺人事件: ~もしRPGの世界で殺人事件が起こったら。~

タイトルのとおり、「もしRPGの世界で殺人事件が起こったら」というミステリーです。最初は世界設定に関する情報量が多すぎてどう楽しめば良いのか分からなかったんですが、「ミステリーのアリバイや殺人方法がRPGになったんだな」と理解してからは楽しく読めました。例えば、凶器が鋭利な刃物だった場合、「格闘家は武器を装備できないから犯人じゃない!」とか。

普段僕はほとんどミステリーは読まないので好きな人には邪道に感じるのかも?しかし、ドラクエ世代としては純粋におもしろかったです。トリックも頑張れば分かる範囲かと。

 

 

左遷社員池田 リーダーになる:昨日の会社、今日の仕事、明日の自分

左遷社員池田 リーダーになる: 昨日の会社、今日の仕事、明日の自分 (ビジネス小説)
 

老舗ドレッシングメーカーで企画部から左遷された主人公・池田が、会社を去った前社長の元で修行を積みながら、リーダーというものについて学ぶお話。社長の世代交代に伴って社内が分裂していく中で、中堅社員である主人公がどう主体的に行動し、会社を変えていくかがめちゃくちゃおもしろいです。内容も分かりやすいので、一冊一気に読めます。

Amazonですごい高評価。「リーダーシップについて学べる!」とか「ビジネス界が絶賛!」とか書いてありますが、僕はその点に関しては島耕作ぐらいな感じで捉えています。ちょっと誇張とご都合主義が強い感じ。

登場人物の性格や話の展開は類型化されているのですが、しかしそれがリアリティがあります。著者は野村證券の元支店長、SCSKの元副社長だったんですね。さすが。

 

明日から仕事頑張ろうという気になるドラマ「先に生まれただけの僕」

櫻井翔主演の「先に生まれただけの僕」がすこぶるおもしろいです。

f:id:chrl-ohya:20171112023536p:plain

※画像はリンク先から

www.ntv.co.jp

 簡単に説明すると、敏腕商社マンの櫻井翔が左遷されて傘下の高校の校長先生になるというお話。その傘下の高校がこれまた微妙な学校で、偏差値44で毎年定員割れ。教師もあんまりやる気がない。それを、これまで子会社の赤字を立て直したりした櫻井翔が、ビジネスの手法を使ってあの手この手で盛り立てていくドラマです。

主演が櫻井翔なので軽そうですが、毎回見終わったあとの気分は下町ロケット見た後のような気分にさせられます。雰囲気は全然違うんですけど。ようは複雑な課題を持った現場を、有能な指揮官が立て直していくんです。リソースの無いチームが知恵と工夫でどう乗り切るかという、教育業界にビジネスを取り入れたと見せかけたビジネスのドラマです。(ややこしい)

続きを読む

関東IT健保の人に圧倒的おすすめの宿、トスラブ館山ルアーナ

関東IT健保は、保養施設やレストラン(特に寿司)が安くて有名です。週末はなかなか宿も予約できないんですが、今回平日に有給をとって「トスラブ館山ルアーナ」に泊まりに行ってきました。これが、素敵すぎるところだったので、超絶おすすめするわけです。

 

ここ、これまでの人生で泊まった宿泊先の中で、最も高コスパなところと言っても過言ではないです。

 

続きを読む

サイレントお祈り対策システム

就活「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

これ読んで思ったんですけど、就活生が自分の志望順位をあらかじめ入力してて企業側と共有されるシステムとかできないですかね。

 

例えば、田中君(仮名)はA社とB社の内定出てて、でも第一希望のC社選考中。なのでA社もB社も内定受けて保留状態。

その後、田中君はC社落選。

そうすると自動で次に志望度の高いA社にマッチングされて、B社は辞退。

そうするとB社は空きが出るので、当落上の佐藤君(仮名)に内定が出る、みたいな。

 

ここで一番問題なのは、現状では統一のプラットフォームから応募されてないからシステムの切り替えが難しいところでしょうか。あと、この仕組みだと就活カースト上位の学生は内定をいっぱい溜め込めるけど、下位の人はおこぼれ待ちが激しくなるんですかね。でも内定保留企業を一社しか持てなくすれば、あんまり関係なくてみんなハッピーになれる気もします。

ドラマ「あなたのことはそれほど」の波瑠サイコパス感ヤバい

ドラマ「あなたのことはそれほど」がおもしろいです。

 

Story2 暴走する春の恋!背徳の温泉旅行

 

続きを読む

VODサービスはもっとバラエテイ番組に力を入れてほしい

ネットでテレビって見ますか?僕はHuluとAmazonプライムビデオを契約しつつ、過去にNetflix、U-next、dビデオあたりを契約していて、割と見ている方だと思います。最近はかなりテレビの代替になって来ています。

 

f:id:chrl-ohya:20170506003902j:plain

VODにバラエティ番組が少ない

これらのサービスで不満なのが海外映画や海外ドラマが豊富なのに対して、日本の番組が少なく、もっと言えば日本のおもしろいバラエティが極端に少ないところ。これってなんでなんでしょう。権利関係?

続きを読む

みんなのシネマレビューで30年ぶりの快挙!「この世界の片隅に」が2位になってる!

この世界の片隅に

映画「この世界の片隅に」は見ましたか?僕は映画館で見ました。噂に違わずとても良かったです。5月10日にAmazonで動画配信されるようで。

 

続きを読む