サイレントお祈り対策システム

就活「サイレントお祈り」は止めるべき慣習だ | 就職四季報プラスワン | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

これ読んで思ったんですけど、就活生が自分の志望順位をあらかじめ入力してて企業側と共有されるシステムとかできないですかね。

 

例えば、田中君(仮名)はA社とB社の内定出てて、でも第一希望のC社選考中。なのでA社もB社も内定受けて保留状態。

その後、田中君はC社落選。

そうすると自動で次に志望度の高いA社にマッチングされて、B社は辞退。

そうするとB社は空きが出るので、当落上の佐藤君(仮名)に内定が出る、みたいな。

 

ここで一番問題なのは、現状では統一のプラットフォームから応募されてないからシステムの切り替えが難しいところでしょうか。あと、この仕組みだと就活カースト上位の学生は内定をいっぱい溜め込めるけど、下位の人はおこぼれ待ちが激しくなるんですかね。でも内定保留企業を一社しか持てなくすれば、あんまり関係なくてみんなハッピーになれる気もします。

広告を非表示にする