読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone 6s のキャッチコピーが微妙すぎる

「唯一変わったのは、そのすべて。」ってどうなんでしょう。

英語だと「The only thing that's changed is everything.」なので、英語だといい感じのフレーズなのかなぁ。それを日本語に頑張って翻訳したから、やっぱり頑張って翻訳した感が出てしまうのでしょうか。

ちなみに、これまでのiPhoneの日本語キャッチコピーはこんな感じっぽいです。

 

 思うに、やっぱり引っかかるのが「別にあんま変わってねーじゃん!」って思っちゃうところだと思うんですよね。iPhone 4S のときとかは、「すべてを変えていきます」って言ってもほんとに全て変わってすげー!!って思った気がします。

Apple のキャッチコピーは毎回風呂敷を広げまくってナンボみたいな感じだから、そこのギャップがあるとやっぱりダサいなぁと思ってしまうんですよね。

 

ちなみに、Apple の素敵なキャッチコピー集はこちらにまとまってます。

声に出して読みたいアップルのキャッチコピー | utakata-days

微妙なのも含めてだとこちら。

Appleのキャッチコピーの迷言・名言は今も健在なのか調査してみた - カズログ

広告を非表示にする